ブログ

それはよく考え抜かれた飼養コンセプトとプロのケアによるものです! 次へ

… それほど便利になったのです! 次へ

CalfExpert哺乳自動機で子牛の飼養を開始して以来シュターバハ・ザクセン農業会社のラウラ・ビューリングさんは喜んでいます。 次へ

健全で産出力強化指向の子牛飼養が酪農場全体にいかなる効果を持つでしょうか。 次へ

自然は当然のこととして – 実践で最適化! 次へ

「仔牛を育てるには小さなことが重要になります」と南アイフェル出身の飼育担当マネージャーは語ります。 次へ

苦しい選択! 次へ

カナダのプレーン・ブルーク農場での先端子牛飼養 次へ

シュテーンフェルドのフィッシャーヒュッテ農場ではMultiMaxVerandaを2基使用した非常に優れ得る機能性のあるシステムで雄子牛を農場でより長い間で飼養します。 次へ

子牛舎内の先端全自動全乳管理 次へ

TwinHutchでの対飼養は子牛に社会的生活へのよいスタートを提供します。マーゲンス家はこれを独自のアイデアで完璧にしました。 次へ

太平洋の緑の島から当社の可愛いマスコット子牛ホッリ君のトラベルレポートです。 次へ

子牛のための哺乳推奨論は数多くあります。後世代のために指定した生育目標も配慮していますか。 次へ

集中的子牛給餌後の適性な哺乳ストラテジー 次へ

少々趣が異なる旅行レポート第二弾では、スウェーデンの乳牛と肉牛農場でさらにわくわくするような人たちに知合いました。 次へ

スウェーデンで成功している子牛飼養への旅 次へ

... 言い換えれば: 子牛にやるミルクの浸透圧について注意すべきことがあります。 次へ

CalfExpert搭載のConceptBarnをご使用いただいているシュレスビヒホルスタイン州ニュッベルのボック家 次へ

… はありません! しかし、子牛のためのドライTMRがすでに迫っています! 次へ

子牛のためによい餌とは実際にどのようなものでしょうか? 次へ

成牛の反芻動物になるまでの現実的ポイントは何でしょうか? 次へ

レオニー・デルさんはカールスホーフで家畜とPRを管理しています 次へ

ルイチェラのアイスクリームはハンブルクでとても人気があり、MilkTaxi がアイスクリームのキッチンで役立っています。 次へ

革新的換気と先端給餌技術で健康な子牛 次へ

乳房から乳頭まで:衛生的全乳給餌、人員の接触不要な全自動! 次へ

CalfExpert 自動哺乳機のプランニングと初期稼働 次へ

冬季子牛飼育のための実務的ヒント 次へ

寒い季節における子牛の需要 次へ

成功した子牛飼育 次へ

先端哺乳技術により子牛給餌の性能が高くなりました 次へ

ミルクタクシーで家族の管理 次へ

全乳給餌 – 正しく実施! 次へ

自動哺乳機CalfExpertがウクライナのある乳牛農場に革命を起こしました。 次へ

Holm & Laue ミルクタクシーは媒体横断的現場装置になります。 次へ

有機子牛飼育での自由給餌とペア飼育 次へ

乳牛では熱のストレスが大きな課題です。身体のサイズや高い代謝率に条件づけられため乳牛は夏の間特に乳の分泌が最も活発になる時期は非常に敏感です。これは周知の事実です。この点は子牛の場合どうでしょうか? 次へ

初乳の品質を決定するにはいくつもの可能性があります。実際にデジタル屈折計による同定より精度が勝るものは当面ありません。これは用途も豊富です。Holm & Laue 屈折計で他にも計測可能なものについてこの記事でご案内します。 次へ

子牛舎が手狭になると子牛を2頭ずつ子牛イグルで飼育する農場が多いです。 現場の体験から子牛はこのほうがシングルより発育がよいことは経済的観察で明らかです。早くからペアで育った子牛のほうが大きな群れで社会的行動に優れます。 次へ

子牛飼育の成功が飼育目的の実現そのものです! これらの目的は計測可能である必要があります。先端子牛飼育においてもデータには重要な役割があります。この記事は最適な管理のための子牛舎における測定とデータの評価が目的です。 次へ

レンラクサキ
子牛マニュアル

Holm & Laue 子牛マニュアル