コウシガーデン

個別ボックス用のフレキシブルな保護されたルーフィングで快適な作業場を作り、屋外天候が健康で乾燥した牛床を維持できます。

費用効果の高い個室ルーフ。要件が少ない、移動型牛舎コンセプト。

子牛の健康的な屋外飼育: ここで牛床、飼料、子牛は乾いたままです。

快適で乾いた職場。容易な除糞と簡単な立地切り替え。

余裕たっぷりのルーフィング装備移動型個別飼育

コウシガーデンは FlexyFence 装備 Calf-Tel 子牛房を最適に補完します。ルーフィングで餌と牛床が乾燥したままとなり、人員には快適な作業場となります。移動型ルーフィングは汚物排出の際柔軟にずらせます。
立地を切り替えることで子牛はいつでも病原体がほとんど無い新しい牛床に移動できます。こうして病原体の負荷がほとんどない状態で健康に育ちます。
子牛ガーデンは数時間で据付可能で、特別建設許可もほとんどの場合不要です。これなら企業の成長段階でまさに迅速な対応が可能です。
以上全ての要素により子牛ガーデンは子牛の生後第一週間のために完璧なソリューションになっています。

天気からの保護と乾いた牛床

よく配慮された設計の牛房が最適な空気条件を生み、子牛のために最適です。大きいルーフィングで雨や熱い直射日光から保護された子牛は新鮮な空気のある屋外部分により頻繁にいます。さらに牛床が長い間乾いているため、アンモニアの発生が遅くなります。これら全ての利点によって子牛の免疫力が強くなり、呼吸管疾患が減ります。

ドライフード

栄養強化剤、子牛ミュスリまたはドライ TMR は貴重な飼料です。これらの飼料は常に新鮮で乾燥したまま給与するべきです。ルーフィングにより全ての飼料が乾いたままで、飼料をもっとよく食べるようになります。

作業場の保護

ルーフィングのため子牛について作業するときも作業場が保護され、子牛のためにさらに時間を費やせます。作業の品質がよくなり、病気の兆候に早く気が付くようになります。

立地切り替えが容易

子牛ガーデンなら毎回除糞時にとても簡単に立地を替えられます。ルーフも牛房もともに楽にずらせます。これなら子牛は病原体の負荷がないいつも清潔な牛床で育ちます。紫外線と新鮮な空気、降雨によって「古いエリア」は次回の移動まで自然に消毒されます。

モジュール式でスケールアップ

今後の規模についてはなかなか予想しにくいものです。子牛ガーデンがあれば要件が変わっても柔軟にすぐ対応できます。収納子牛数が固定の従来型子牛舎よりも子牛ガーデンのほうをお勧めします。これで費用をとても削減でき、今後必要になったときそれぞれのガーデンにつき子牛 10 頭分ずつ収納スペースを簡単に拡張できます。

テクニカルデータ

子牛ガーデンの寸法

キソフレーム2.5 x 5 x 2.5 m*
ヤネメン6 x 7.85 m*
* 長さ x 幅 x 高さ

子牛ガーデン基本仕様

  • 5 x 2.5 m バー間隔の基本フレーム
  • 空気タイヤ付き差し込み式ホイール
  • フロントローダーサポート

特装オプション

  • ルーフ面積6 x 7.85 m
  • 差し込み式ホイールを使用しての移動型またはフロア固定式定置型
  • 移動型子牛ガーデン用暴風雨/雪保護セット
  • 雨水チューブ