チーム

Holm & Laue GmbH & Co. KG (ホルム&ラウエ有限責任合資会社)は専門知識と深いエンゲージメントでお客様の目的を追究するやる気がとてもある社員から成り立ちます。弊社の拠点地方で農業会社での実地の直接サービス業務や国内外のお客様と代理店との連絡を通してどの社員も現場の要求事項を把握しています。日常業務はかなりの部分がお客様のニーズを満たすことに費やされます。どの社員もこの点が特長です!

弊社の成功はお客様の満足度によって測っています。製品の成功は社員一人一人の能力に常に負うものがあります。

受注処理、会計経理、ハウスキーピング

どの企業でも秘書課は会社のスイッチングポイントです。Holm & Laue でも秘書の皆さんなしでは何も進みません。秘書課で電話対応や担当者への転送以外にも、特に受注処理、出荷書類の作成、請求書の作成を行っています。このためにはまさに国際取引で優れる外国語知識、異質の文化とやりとりする微妙なセンス、出荷計画の際の柔軟な対応が要求されます。当然のことながらどのお客様のお問い合わせにも弊社から感じよく、しっかりした情報をご提供しています。

社内プロセスについては成長途上のチームで賃金経理と人事計画はますます重要になります。さらに経理部と決算会計なしでは当然何も機能しないでしょう。

「ハウスキーピング」と言っている弊社の社員は接客を担当しています。ここの担当者が真心をこめて微に入り細に入り訪問者、研修、イベント用の会議室を準備します。このほかにもオフィスや研修スペース、会議室の清潔さ、衛生、整理整頓もとてもよく注意して維持しています。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私は ヘルスティン・メラー(Kerstin Möller) といいます。私は有資格の経営管理専門社員として 2018 年から Holm & Laue で欧州向け出荷を担当しています。このために納品書を作成し、出荷についてお客様とフォワーダーに指図します。

毎日が同じことがない点が特にこの仕事で気に入っていることです。紛失した商品を見つけたり変化するお客様のご要望といったような多くの日々変わる出来事によって仕事にとても変化が富みます。小規模な切迫した事情が起きても常にチームでいっしょに解決して克服できます。私の任務はお客様へへの納期通りの問題がない納入を確実にすることです。」

物流ロジスティクスと出荷

ロジスティクスと出荷担当者はここで生産した製品の出荷を準備します。ここの担当者は自社生産および仕入れ商品の保管業務と出荷準備を行っています。トラックに出荷貨物を積み込み、積載物の固定に責任があります。貨物の入荷を受け入れ、商品受け入れ時に入荷された貨物の品質と個数確認を行って検収を実施します。ここで最も重要な作業用機材はフォークリフト、»Ameise« (アーマイゼ(蟻))ブランドのパレットトラック、資材管理です。メーカーとして弊社は毎日十数口のパレット入荷があり、これを受け入れ、さらに配分しています。

製品を世界中に出荷しているため、梱包の芸術家ともいうべき担当者が商品の確実な梱包を行い、世界半回りするような輸送や重量品目について特にこうした手配が重要です。ロジスティクス担当はお客様に最適な。最もコスト安の輸送方法を特定するよう常に努力しています。このための常備品として積載重量測定装置、秤を使い、お客様にコストが有利になるように考慮しています。

成長率が高い時期は特にこのエリアで既存のプロセスを常に適応していく必要があります。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はライナー・シルマッハー(Rainer Schirrmacher)といいます。Holm & Laue のロジスティクス部門で 2010 年から勤務しています。子牛イグルやベランダ、子牛舎の要素を数多く入荷・出荷処理しています。このほかにもトラックの積み下ろしも担当しており、荷受け・出荷米の整理整頓に注意しています。屋外での自律的作業がいちばん楽しいです。ストレスを感じるほどになってくると、チームでいつもお互いに安心して頼り合いますが、特別な場合には助け合うのが当たり前だからです。

私が正しく作業することで、商品が完全な姿で損傷なく納入されます。後に御社で子牛舎を建てる際問題がありません。物事をよく行うことは自分の刺激になります。製品のことを内外とも知り尽くしています。何かが足りなければすぐに気が付きます。」

製品

30 年以上前から Holm & Laue はシュレスビヒホスルタイン州ヴェスターレンフェルトの本社で自動哺乳機やミルクタクシー等の製品を開発しています。この間技術者への要求事項は継続的に変化してきました。

最初のうちは北ドイツの農家のみが顧客でした。今では日々世界中のお客様のニーズに応えるまでに成長しました。このため様々な電力規格や言語バージョンあるいは法的要件に配慮する必要があります。どの装置もカスタマイズしています。CalfExpert 自動哺乳機やミルクタクシーにはいくつものオプションがあるため「一括」組立はほとんどありえません。つまり弊社の社員は日々新たに生じるジャストインタイムという顧客の要望をかなえることが頻繁にあります。ときには不可能を可能にすることさえ生じますが、微笑みを浮かべる余裕が常にあります。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はイハブ・シャバン(Ihab Shaban)といいます。」2020 年の初めから Holm & Laue に勤務し、CalfExpert 自動哺乳機を組み立てています。同時に交換部品倉庫など他の部門も助けることがあります。ここでは同僚グループの中で家族の一員のように感じます。どの同僚も助け合い、とてもよいことだと思っています。

皆で高品質を生み出すことが好きです。このことにチームが一丸となって注意し、自分が優れる仕事をしたいのです。そして最後に自動機を再検査します。私にとってこのことは大切です。」

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はクリストファー・ルューレンツといいます。私は 2020 年から Holm & Laue で生産部門のチームリーダーです。

私の任務は受注製品の組立計画と作業プロセスの調整です。実質的な任務はチームの気分をよく維持することです。ここでは一つの製品グループの組立をそれぞれ担当している 2 つのチームがいます。自分の部内で協業がよくできているので本当に楽しく働いています。相互に気を配り合い、助け合っています。

私がよい仕事をしているかはご注文の装置が納期通り御社に納入されることでおわかりいただけます。さらに製品の品質が特に重要です。弊社では出荷前検査で 100 % 点検を実施しており、ミルクタクシーと CalfExperts の全機能を確認しています。どの装置も検査されないまま出荷されないように管理しています。」

組織運営、ERP、IT、監査統制

多くの人員が効果的に勤務すべきであれば、いくつかの前提条件を満たすことが必須です。リーンなプロセスと生産性の高いリソース管理(ERP)、仔細までよく注意する監査統制とモニタリングが必要です。このことが可能なのは、弊社の企業規模の場合かなり多くのコンピュータとサーバーを高速ネットワーキングしてよく考え抜かれた IT 基盤があってこそなのです。この基盤は IT 社員が整備しており、辛抱強く、専門知識を生かしてユーザーをハードとソフトのあらゆる点でサポートもしています。

ERP ソフトウェアを利用して会社内のプロセス用およびそのモニタリング用データベースを構築します。ここで得られた評価を基に経営意思決定のための客観的基礎を得ています。組織運営上の任務には日常のルーチン以外にも、広範な内容があるプロジェクトを含みます。この場合、拠点開発をはじめ取引先用のオンラインショップ、さらに役所への届出事務から特許権や意匠権の管理まであります。ここでは幅拾い全領域の知識とマルチタスク能力が要求されています。

ハイノ・ハンセン(Heino Hansen)、Holm & Laue の組織管理/ERP/監査管理

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はハイノ・ハンセン(Heino Hansen)といいます。2014 年から Holm & Laue ファミリーの一員で、現在組織管理、ERP、監査管理、いくつものプロジェクトに携わっています。誰もやりたくなさそうなプロジェクトもときどきあり、 »組織上の問題« ということに何となくなると、自分が行うことになっています。

その本質は、ここで各部署や従業員、タスクをまとめ、いっしょに特定の目的を果たしています。そのためのツールが ERP であり、これで賢いアイデアを基に効果的プロセスを開発します。私の目的は従業員の仕事の流れの調整をとり、最適に相互にかみあうようにすることです。こうして私たちの仕事が終わる頃にはいつも満足している従業員とお客様がいます。

全権代理人として多くの仕事の構成のし方を選べることに日々やる気が湧きます。様々なタスクで手一杯なことにより発想の切り替えができるためとても仕事が楽しいです – 責任を進んで取ります。」

これをあなたのためにさせていただきます!

私はクリスチャン・ヴィーク(Kristian Wieck)といいます。Holm & Laue で会社の IT を担当しています。このためほぼ全員と関わりがあり、オールラウンダーです: IT の問題が生じた人は私のチームと私に相談します。

自分にとって本当に楽しく誇りを持てることは、会社の成長を実感し、繰り返し異なるプロジェクトが来ることです。これらの任務は IT によってサポートされ、これがあってこそ初めて可能になることも多いです。

IT が正常に機能しなければ、まずたいていのことが進行しなくなります。全てが完璧に機能し、Holm & Laue で円滑なプロセスが実現していれば、私のチームと私は技術基盤を確立した証しです。

コウバイ

どんな商人でも購買部門の意義を認識しています。購買部門が生産のための十分な商品のストックを常時維持し、優れるサプライヤーを常に探しています。これは新製品についても既存の製品についてもいえます。市場にあふれる供給者のなかから、必要な品質を妥当な条件で供給する最適なサプライヤーを見つけ出すことが常に重要です。

特に近年、サプライヤーを選択する際さらに重要な基準が増えています。納期厳守と製品の可用性です!購買部の社員はとても融通性があり深く取り組み、新たな条件に常に適応しています。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はカリーナ・ダンハウゼン(Carina Dannhausen)といいます。私は有資格国際通信担当者として 2015 年から Holm & Laue で輸入を担当しています。ここではとても仲間意識が強く、上下の序列はほとんどありません。何でもチームで話し合い、たいていは陽気な仲間です。現在他の部との協業と実状を俯瞰することにやりがいを感じています。

購買チームの主な任務は高品質商品をジャストインタイムで受け入れることです。こうしてお客様に商品が納期通りご期待に沿うように納入できています。」

ソフトウェア/電子回路開発

現在はますますデジタル化が進む世界に生きています。弊社の製品の多くの機能と可能性はインテリジェントコントロールが無ければ想像できません。イノベーションはますますデジタルレベルで進んでいます。この他にもデータや情報は重要になっていきます。

この際ソフトウェアプログラミングを全て自社で行っていることにとても誇りを感じます。この事実は弊社にとっても、結局はお客様にとっても大きなプラスを生みます。着想から実装までのコミュニケーションが手短で開発部と協力農場の交流が良好であるため、試作から最終製品の装置開発を最適化できます。

製品のコントロールが Holm & Laue 自社から生み出されているに留まりません。企業内および代理店とサービスパートナーとのコミュニケーションさらに、お客様とのコミュニケーションも直接ネット経由で、随時どのニーズにも柔軟に短時間で対応することができるように自社のみで行っています。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はナディーネ・ヴトケ(Nadine Wudtke)といいます。私は 2018 年から Holm & Laue でウェブアプリケーションやアプリ、このウェブサイトのユーザーインターフェースを開発しています。つまりここに書かれている内容をお読みになれるようにしているわけです。

使い易さに注意しており、皆さまにデジタル成果物のご利用がしやすくするため必要最小限のデザインとわかりやすい構造を優先しています。

実装の際はほぼ自分の裁量で行えることを有難く思っております。チームの密接な協力と報告ラインが短いことで効率よい作業ができ、チームが開発しているハードウェアとソフトウェアの複雑性が日々新たな課題を課し、やる気が出ます。

機械系/電気系開発

ジェームズボンドの映画に出て来る Q のラボから周知です:新しい物を開発するとき、多くのニーズを満たさなければなりません。機能性、デザイン、品質はごく一部にすぎません。このため技師と技術設計者は新製品開発に取り組むだけではなく従来品の最適化にも努力しています。こうして当然のことながら正確に把握していることがあります:実地に試さないとわからない!

このために会社の本社が乳牛が集中する地域(ホルスタイン)の真ん中にあることからとても好都合の立地にいます。この地域では多くの酪農家が弊社の試作品や量産前の試用品を進んで試してくれます。実地から率直な感想を頂けるため世界中に販売できるまでに製品を常に改善することができます。

そして私たちの作る製品ならジェームズボンドの Q の発明のような悪人追い詰めが決まるみたいに、お客様の日常のお仕事の中で期待を裏切らないと安心してただけるでしょう。

これをあなたのためにさせていただきます!

私はシュテファン・バルツァー(Stefan Balzer)といい、 Holm & Laue の開発部で 2020 年10 月から勤務しています。作業の切り替えが多い仕事を担当しているせいか多様性が特に楽しく、3D 設計で作るコンセプトをはじめ、ワークショップでの試作では汚れて汗をかきラジオを大きく鳴らしながら働くこともあります。このほかにもチームがいっしょに前進するためには助け合う点でチームをとても貴重だと思っています。

私の仕事を通じて常に新しい物をご紹介できます。Holm & Laue の製品が頑丈に組み立てられており、信頼できる機能をすることにご安心いただけます。コンポーネントに不具合が発生しても、すぐに検査して解決します。そして結局弊社の製品で作業が楽になり、酪農場でのプロセスが最適になります。

これをあなたのためにさせていただきます!

私はハンス・エーラーズ(Hans Ehlers)といいます。2009 年に Holm & Laue でアルバイトで始めたのですが、その後学業と実習を平行でおこなう資格制度(ドイツのデュアルシステム)でもこちらでお世話になって卒業後、2017 年から開発部に勤務しています。

私の任務はとても多面的です。従来型の製品開発、コンセプト作成、計画、サプライヤーとの協議、さらに試作、製品の量産までカバーします。試作品を自分で溶接したり、物事を実地に応用もしています。

弊社の製品で御社の仕事が減るように心がけています。そのため特に、私たちもお客様も本当に満足できるまで最適化を継続する詳細な部分に注意を払っています。さらに、本来最適化できる物事は常に存在しており、これは常に特殊な用途に出会うからです。こうした場合に製品をお客様のために改善したいと思うのです。」

サービス

最高品質の装置でも定期メンテナンスは必要です。このことは御社が円滑に営業を継続できるために尽くす現地サービスパートナーにお任せください。H&L の装置を担当している世界中のサービス担当者は誰も本社の技術が研修しており、継続教育を行っています。

このほかにもサービスパートナーはウェブサービスポータルから多言語のエキスパートシステムにアクセスでき、エラーの診断サポートや必要な全ての書類を出力できます。当然のことながら全てのサービスパートナーは弊社と密接に連絡を取り、世界中の様々な拠点に設置した従業員からなる自社所属の国際的なサービスチームがサポートします。例えば、自動哺乳機の初期設置のサポートが挙げられます。

弊社のヴェスターレンフェルトにおるサービススタッフがシュレスビヒホスルタイン州の客先畜産酪農家のテクニカルサービスを担当し、開発部と密接に交流しています。問題は協力して必ず解決します!

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はマティアス・マーラー(Matthias Mahler)といいます。2014 年末から Holm & Laue でサービスを担当しています。私はテクニカルホットラインを管理し、現地サービスチームに分担します。出張の際は代理店で研修を行い、現地に問題が生じたときのサポートさらに、CalfExpert 自動哺乳機の導入時設置サポートを行います。

私は不具合報告を電話で絞り込んで多くの問題をお客様がご自分で現場で解決できるように取り組んでおり、サービス出張はしばしば不要になっています。私にとってお客様に納入した装置が正常に機能し、サービスパートナーと協力してご満足いただけるようなソリューションを必ず見つけることが重要です。」

コンサルティングと販売

「私たちはお客様の成功を望んでいます!陳腐なせりふでしょうか? いいえ、まさしく、これこそ私たちの販売チームが追究していることです。お客様の成功に責任を負っている自覚を持ち、お客様と協力して肉牛や子牛の飼育のことならなんでも非常に個別化された解決策を生み出しています。

健康な子牛飼育のための情熱を分かち合い、子牛の飼育条件を世界中で改善したいのです。Holm & Laue では 10 言語に対応でき、お客様を正確に聞き取りたいからこそ、世界中各地に販売社員を雇用しています。弊社の現地サービスパートナーと協力して現地条件に完璧に適合しています。

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はミゲル・サー(Miguel Sa)といいます。ポルトガル在住で、2014 年からポルトガル、スペイン、イスラエル、南米向け当社の製品販売を担当しています。

私の仕事柄お客様や代理店と対面することが多いです。話をよくうかがうのが好きで、当社の製品をお勧めすることが可能なことを説明します。

弊社の製品で作業してから生産性が上がった畜産酪農家を確認できることを私はとても楽しんでいます。畜産酪農家が子牛について作業をすることにより多くの楽しみを持てれば幸いなことです。

こうした成果を有無にはチームワークがとても求められます。私は単独なのではなく、Holm & Laue の他のチームの者や代理店の方々も責任を一部担うのです。お客様として全てが円滑かつストレス無くうまく行き、希望する結果を得られることがわかれば、市場にあるなかで卓越した機械を入手したことがおわかりになるはずです、確かに、むしろ最も優れる機械であると言えます!」

マーケティング

コミュニケーションは成功のカギです!重要な情報が送り先に届くための経路が見つかってこそ、情報の受取人は得をすることができるからです。このためマーケティングチームは単なる広告部以上にとりわけ情報媒介者としても自己認識しています。健康な子牛の飼育、製品、牛飼育の最新動向に関するあらゆる情報をまとめ、普及しています。そのためには講習会や技術的記事を準備したり印刷媒体向けの広告を多言語で作成しています。

この際極限的なまでの柔軟性が常に要求されます:展示会のある時期、マーケティング部はイベント代理店のような感じがし、新版子牛マニュアルのドラフト作成の際、社員は執筆者のように集中作業を行い、ソーシャルメディアでは映画監督やユーチューバーの役目を担い、講師として次回のユーザー研修と顧客研修を準備します。

もうおわかりになるでしょう: ここでは退屈しちる暇がなく、まさにこのためにこそマーケティング社員は常に仕事を楽しんでいます!

オフィスにいるシュテファニー・クルツバイン

これをあなたのためにさせていただきます!

「私はシュテファニー・クルツバイン(Stefanie Kurzbein)といいます。2016 年から Holm & Laue のマーケティング部に勤務しています。職務にはあらゆる形態の広告手段の開発、展示会や催事の運営、代理店のマーケティング部門サポート、世界の販売チームのサポートが含まれます。

仕事をしていて最もよいと思っていることは、形作る選択肢を持っていることです。ブレインストーミングや会議、集中的頭脳労働の後、最適な場合には優れる、情報の豊かな出力を得られ、例えば、このウェブサイトや特に成功を収めた展示会の出展が挙げられます。最も意義があるのはチームワークで、交流がないと最もよいアイデアが実現しないからです。しかもイベント開始直前にも再度万事を考慮せずには、イベントは始まらないでしょう。

自分の職務を優れて行うことができれば、皆様は Holm & Laue を強力なブランドとして体験でき、私たちとともに子牛飼育に関するあらゆるテーマについて何でも知っている専門知識を得られると思います。」