TwinHutch

小グループやペアの子牛を育てる先端飼育牛の保護という観点でも効果的なだけではなく、投資費用の点でも有利です。

健全な生育のためには子牛どうしの社会的な接触が必要です。

2 頭から 3 頭の子牛用に十分なスペースがあると同時に、単独飼育より所要スペースは減ります。

子牛が満足すれば育てるのがさらに楽しみになります。

子牛 2 頭から 3 頭のミニグループ用子牛房

子牛の小グループやペアでの飼育は有機業者で優先されているだけではありません。従来型の酪農場も TwinHutch なら子牛のグループ飼育に関する子牛飼育政令の法的要求事項 (ドイツの場合は家畜保護政令) に準拠します。Holm & Laue FlexyFence の利点を合わせた長年維持される Calf-Tel の品質なら家畜の快適な成長のため最大限の標準をご提供できます。
TwinHutch の子牛飼育では個別牛房より所要面積が小さく、投資費用を節約できます。家畜保護のよいイメージが必ずしも高価である必要はありません。このほかにも社会的に成長した子牛のほうが成牛になってから生産性が高いです。
同時に小グループ間の病気伝染もしにくくなります。こうして家畜は健康で居続けられ、ご自身にもチームにも子牛飼育の楽しみが増します!

生産性向上

ミニグループで育った子牛は離乳後も社会的行動に優れ、飼料の食いがよく、成長率が高いことが研究からわかっています。これなら子牛の初出産年齢が若くなるほか、牛乳の生産性が増えます。

ペアで飲んで食べる

FlexyFence には乳頭付き哺乳バケツホルダーが 2 つと、3 つ目の哺乳バケツ用に予備スペースがあります。栄養強化剤と水用の 2 個の追加バケツホルダーで給餌エリアを補完できます。TwinHutch の背面にはオプションの子牛レスキュー保護ヘイラックを使用することができます。こうした構成によって子牛の給餌が最大限フレキシブルにできるようになりました。

有機ガイドライン準拠

有機業者の場合子牛のグループ飼育は法定義務です。その反面子牛の生まれる頭数が少ない期間を通して均質的なグループとして育て上げることがしばしば難しくなります。TwinHutch は牛房内 3.5 m² と余裕たっぷりのスペースがあり、2.3 m² の屋外部分に加え、有機畜産協会の子牛 2 頭を収納するガイドラインに準拠しています。

規則に準拠した初のミニグループ牛房

従来の牛房は多くても面積が 3 から 4 m² まででした。ドイツの場合、子牛のグループベイ面積は少なくとも 4.5 m² あること、各子牛に少なくとも 1.5 m² を確保することが義務付けられています。TwinHutch に改造 FlexyFence を組み合わせて使用すると合計面積 5.8 m² が利用可能になります。子牛 2 頭から 3 頭のミニグループ用にスペースは十分です。

省スペース設計

有機農場のお気に入りにとどまらず省スペースと費用削減も差別化点の一つです。同じ子牛頭数でもこのほうが省スペースになり、必要な牛房が少なく済みます!さらに清掃する子牛舎がより少なくなります。

長い耐用期間

個別ボックスでの飼育は EU 全域に最大 8 週間の制限が課されています。TwinHutch のミニグループではシングルボックスの制限がないため子牛をより長期飼育することも可能です。子牛を安静に乳離れさせ、10 週間から 12 週間後になってから次のグループ飼育に切り替えられます。

輸送補助器具

輸送補助器具のこて原理により TwinHutch を洗浄や別の新規取付場所へ楽に輸送できます。

テクニカルデータ

この写真には FlexyFence 付属の TwinHutch が写っています。

寸法

外寸 *250 x 154 x 151 cm
内寸 *243 x 146 x 136 cm
FlexyFence とバケツ *432 x 156 x 105 cm
フロアエリア約 5.8 m²
TwinHutch の重量43 kg
* 長さ x 幅 x 高さ