ミルクタクシーで家族の管理

子牛の給餌と子供の世話:ミルクタクシーなら子供ほど簡単です!

ミルクタクシーは子牛舎で真のヘルパーとなり、今日多くの農場で非常に重宝していただいている作業装置です。豊富な機能があるため応用の幅が広く、農場での家族生活においても重要な役割を果たします。

この記事では以下のことを取り上げます:

  • 妊娠期にミルクタクシーがヘルパーさん
  • 子牛舎でミルクタクシーはもはや手放せなくなりました

妊娠期にミルクタクシーがヘルパーさん

ディットマルシェンのヴェデングシュテット地区(シュレスビヒホルスタイン州)でミルクタクシーは子牛の世話のための便利な単なるヘルパーであるだけではなく、ベビーシッターとして利用されています。最近までは重いミルク缶ワゴンを引いていたのが、今では農場経営者フレヤさんはミルクタクシーと乳母車を何の苦も無く移動しています。

フレヤ・フェルドメンゲス=デトレフスさんとご主人のハウケさんは2013年以来この農場の3代目経営者です。フレヤさんがここでは主に子牛の世話をしています。1.5 前までそれはそれは辛い作業でした。「以前は子牛たちに実に面倒くさいミルク缶ワゴンでの給餌を行っていました。それでもバケツをぶらさげて運ぶよりはましでしたが、実に辛かったです。特に毎回、牛舎内の僅かの登坂を運ばざるをえないのが辛かったです」とフレヤさん。

乳母車とミルクタクシーで子牛に向かうフレヤ・フェルドメンゲス=デトレフスさん

その頃フレヤさんは妊娠し、辛い作業は避けるべきときでした。「妊娠したため何か新しい物が必要な時が来ました」とフレヤさん。「そんなわけでHolm & Laue ミルクタクシーがここにやって来てくれたのです。それはもう妊娠期に助かりました。問題なく作業を続けられ、自分にとっても嬉しく農場も助かりました。」子牛の哺乳での辛い作業はタクシーを購入後終わり、今ではフレヤさんは牛舎の中を幼いティムちゃんを乳母車に乗せ、同時にミルクタクシーを移動しています。

- ミルクタクシーは子供に注意するだけではなく、QRコードで実習生も便利に使えます。その本題についてはブログ記事「乳牛農場でのQRコード」をお読みください。-

子牛舎でミルクタクシーはもはや手放せなくなりました

「タクシーがなければ子牛給餌を妊娠していた頃できたはずがありません。今でもティムちゃんといっしょでもはやあまり楽になったとはいえないようです。ミルクタクシーのおかげで何事にも満足しています。何よりも走行ドライブと事前設定しておけるディスペンシングステージに気に入っています。ミルクタクシーを無理なく子牛ヒュッテの前に置いて、ディスペンスボタンを押すと、ティムの世話をしている間に、タクシーが作業してくれます – とてもすばらしく、子供も楽しんでいます!」

ミルクタクシーに座っている子供

私たちの話の最後にフレヤさんはこう締めくくってくれました:「子牛舎での作業を楽にしたい人なら誰にもお勧めしたいです。子供と乳母車があっても、妊娠中でも、従業員としても – これがないことはもう考えられません!」

これ以上加えることはないほど申し分ないです。この場を借りて心からお話いただいたことにお礼を申し上げます。とりわけ幼いティムちゃんの場合、この会見時間を特別なものにしてくれたし、牛舎と家畜のそばでアットホームに感じるような正しく農場の子供らしい人が今日でもいるのを見れてとてもよいことです。若いご家族と農場にお幸せをお祈りし、今後もHolm & Laue ミルクタクシーで楽しんでいただけるように願っています。