少々趣が異なる旅行レポート第二弾では、スウェーデンの乳牛と肉牛農場でさらにわくわくするような人たちに知合いました。

少々趣が異なる旅行レポート第二弾では、スウェーデンの乳牛と肉牛農場でさらにわくわくするような人たちに知合いました。農場が同じ機器をいかに異なるしかたで使用して作業しているかを見るのは面白かったです。しかしこの事実は優良牛舎ソリューションを際立たせています: 柔軟性と労働経済学、家畜の健康なあり方の最適な組み合わせで群れの子孫が育っています!

パート2をどうか楽しくお読みください!

リセンス・ラントブルク農場: 快適な職場は子牛にもお気に入り

リセンス・ラントブルク農場のヘンリク・エイナルッソンさんは乳牛380頭から搾乳します。同氏はMultiMaxとPro IIシングル牛舎をすでに数年ご使用です。これらの製品は最初は屋外に設置されていましたが、天気が悪いとき従業員が嫌がりました。同時に同氏は従業員が子牛の給餌で必要な注意をしばしば行っていないことを見ました。

そこで従業員によりよい職場を提供するため、牛舎に屋根を設置しました。その後8ヵ月後の厳冬期にはもう効果が出て、 子牛たちも三面が保護された区画で健康が最適でよく成長するようになりました。

ヘンリクにとっては子牛が余裕のあるスペースを持てるようにすることがポイントでした。このためヘンリクさんは5 x 3 mのMultiMax牛房を8基の前の長い屋外部分に決定しました。実際に子牛がとても快適に感じており、提供されている寝そべる場所をフル活用できていることが確認できます。

衛生状態の改善のため床と壁の新築時に石灰を混ぜてノロ止めし、表面にカビが発生しないようになりました。他の消毒措置に代わる簡素でとても低費用の代替措置です。

全乳を一日3回滅菌

ヘンリクは一日3回、各3リットルの滅菌全乳をやります。MilkTaxiで正午頃に追加給餌もこなし、チームにとって追加の手間があまりかかりません。哺乳終了時期は生後6週に小刻みな段階で開始し、子牛たちがおよそ生後9~10週までかけます。固形飼料としては子牛用乾燥質量の給餌がとてもよく受け入れられます。

マティアス・ボリエッソン、ヴァールベルグ: 有利な子牛舎

ヴァールベルグのマティアス・ボリエッソン肉牛農場はこの地域の5か所の乳牛農場から生後2週の雄牛の子供を仕入れます。自社のトラックにいつもおよそ20~25頭の子牛を牛舎に運び込みます。 

MultiMaxVeranda内の様子

以前は子牛をシングル牛舎で飼養していました。当時はとても労働集約的で小屋の掃除も非常にやっかいでした。このため8基のIgloo-Verandaを使って16基の MultiMax牛舎に各7頭の子牛からなるグループ飼養とすることを決定しました。Verandaは長さ5 mの商品で、これには約16 m²にすべての子牛に十分なスペースがあります。この構築形態にしたため、建造費が平均より大幅に安上りの子牛舎を設置できました。

Karin Kvellgren
能率の良い作業と最適な衛生状態

カリン・クヴェルグレンさんはこの農場で子牛の飼養を担当しています。2回3.5 l mp代用乳を哺乳しています。生後約10週で子牛の哺乳を終了します。この移行は2週刊かけて行っています。カリンはMilkTaxiでは常に子牛から目を離さずにいられるとよく評価しています。

100頭の子牛すべてに給餌するにはカリンはおよそ20分で済みます!さらにバケツを毎日洗います。この際FlushMasterを統合したMilkTaxiではバケツを直接給餌グリルで洗える便利さがあります。さらに乳頭とバルブを定期的に洗浄するために業務用洗浄機を使用します。

100頭の子牛すべてを世話するためにカリンは一日 5時間で済みます。

バンケリドのラバープス・ゴルド農場: 全乳こそ成功のためのカギ

バンケリドのラバープス・ゴルド農場では280~300頭の乳牛を5台のLelyロボットで搾乳しています。子牛用に分けたミルクは冷蔵タンクに移して保管します。ここからMilkTaxiに移して滅菌し、子牛にやっています。全乳しかやっていません。このため売れないミルク以外にも普通の牛乳を利用します。ミルク価格が有利なときこそこの方法だと子牛がよりよく育つので意義があります。

子牛担当マネージャーのトゥラ・ケンペさんは一日に2回4.5 lのミルクをやります。個々の子牛の哺乳量はカラーシステムによって牛房のマーキングでわかるようになっています。カリンさんの考えでは、現在子牛の離乳が少し早すぎる(およそ生後8~10週)ということです。その理由は、子牛舎 (当面66基)では不十分だからです。これはなるべく早めに変わるべきでしょう。

大きな問題が簡単に解決!

以前は新生子牛用に3つの小型子牛ボックスがありました。3つともいっぱいになると、子牛がグループで子牛舎に移されました。空いている房が不足し、衛生管理不備のため子牛の死亡率が30 %を超えていました!

ラバープス・ゴルドでは清掃を行い房の空きを作って牛舎の明快な循環を行うことにも注意しています。また、牛舎が立つ砂地も定期的に入れ替えています。

管理の改善により今では子牛が2年以来とても丈夫になりました。さらに牛ディーラーは非常に健康な牡牛の子供をありがたがっています。

エクショのトルシょ・サテリー農場: 明確な作業組織、優れる結果

エクショのトルシょ・サテリー農場 (乳牛480頭)でユリア・ケルナーさんが子牛を担当しています。ユリアさんは誕生するとすぐに明確な作業手順と優れる管理を重視します。このため生まれたばかりの子牛に検査合格品の初乳をColoQuickシステムで供給します。

生後二週間、子牛は移行期のミルクと初乳の余りを得ます。この際特に小型の100 l MilkTaxiを利用できます。次に子牛たちは一日2回4.5 lもう一台のMilkTaxi 260 lで準備される代用乳(脱脂粉乳35%)をもらいます。離乳は生後8~10週の間に小刻みなステップで行っています。

明確な作業指示は「ミルクバー」でもよくわかります。現在必要なミルク量のための正確な配合説明はホワイトボードに書かれています。さらに秤を利用できるため、指定されていることを正確に行うこともできます。

Pro II 子牛舎で子牛はカニスターを切断した器から強化飼料ペレットをもらいます。この農場で目につく特徴: 訪問した8箇所のファームのうちここだけは10週の授乳期に藁も構造化飼料も与えません。これらは子牛が若牛舎に移ってから初めてやります。とても「アメリカ的」給餌方法です。

興味深い詳細としては自家製のフレームでそれぞれ2つのPro II牛舎をFlexyFenceフェンスごと洗浄場へ移動しています。指示部が小屋のてっぺんにぴたりと合うので、とても楽に動かすことができます。

シングル牛舎は冬にも活躍していますが、屋根があればよかったかもしれません

この農場では前面が一部開いているのと開放されたPro II牛舎があります。両方ともそれぞれに利点と欠点があります。ユリアさんは広く開いているほうが楽に牛舎に入れるため重宝すると言っていますが、一方子牛たちはより小さい開きのほうが冬に保護されやすいです。新生の子牛では小屋の入口を閉じています。この場合移動式ヒーターで一時間小屋を暖房し、子牛が完全に乾くようにしています。

屋根と天候からの保護がない屋外飼養は冬には大問題です。子牛カバーで保護されて子牛は長い寒い季節でも快適にいられます。しかし夏は小屋がとても暑くなります。このためユリアさんとヘンドリク・ケルナーさんは今は小屋に屋根を設置することを検討しています。

いずれの場合にも二人とも奥の方にある牛床用フラップで牛床補給作業が非常に楽になるためとてもよく評価しています。このため小屋は背面も分割されており、牛床補給の際に近道を通れるようになっています。

ゴールヅビ・イグル社で成功しているスウェーデンでの子牛飼養

スウェーデンで子牛飼養に関しては最も優れている農場への今回の旅はスウェーデンのHolm & Laue販売代理店ゴールヅビ・イグル社のダン・ルデレヴさんからサポートしていただいたので可能になりました。とても優れる運営をしていただいたダンさんにお礼申し上げます!

ゴールヅビ・イグルと同社のサービスや製品について詳しくはウェブサイトをご覧ください。

今回のとても長い投稿をお読みいただきありがとうございました。以上からいくつかおもしろいヒントを得られたことを期待しています。