シュレスビヒホルスタイン州での優れる子牛の維持方法

1. Dezember 2021 — ゼンパン, コウシシイク, 現場レポート, 製品#CalfTel #家族 #イグルシステム #ミルクタクシー #MultiMax #現場レポート #全乳 #成長
成功した子牛飼育

イグルシステムでの豊富な新鮮な空気と余裕のある空間で子牛を育てる

シュレスビヒホルスタイン州のボルステル郡にある乳牛農場パールでの子牛飼育は円滑に行っています。屋外維持のためのHolm & Laueシステムは農場で健康な子牛が育つための手段です。

この記事では以下のことを取り上げます:

  • 屋外維持での子牛飼育
  • 乳牛農場用の新型子牛舎
  • ミルクタクシーと搾乳ロボットによる全乳哺乳

屋外維持での子牛飼育

フランク・パールさんはその農場で子牛の通年屋外維持による利点を利用して感心しています。子牛は片流れ屋根で保護されつつ最初はシングルヒュッテで育ち、後に2つのMultiMaxヒュッテと1つのHolm & Laueイグルで育ちます。このシステムは子牛飼育というものを大きく変えました:健康な家畜と非常に優れる成長、後の乳牛舎での高い産出、効率的な作業時間。「子牛舎のこのバリエーションは自分にとってすばらしくよく機能しており、追加的に調達の際は他の代替候補よりはるかに初期投資が楽でした」とフランクさん。

子牛はイグル内か屋外部分か牛舎のどこにいるかを天候条件によって決めます。

乳牛農場用の新型子牛舎

収容頭数を増やすため2016年にパール農場では新たな追加の牛舎を建築しました。しかし乳牛が増えれば子牛も増え、間もなく古い閉鎖式子牛舎では手狭になりました。以前の子牛飼育はまだ満足できるものでしたが、病気が増え、フランクは、間もなく新牛舎を建てるべきことがわかっていました。

よく調査して検討した結果、フランクは子牛飼育用にHolm & Laueの屋外システムに決定しました。「よく情報を得たうえで様々な子牛舎を見て回りました。結局ホルスタイン用子牛舎になるべきでした。しかしこの種の牛舎で気が付きました: 子牛が咳をしていました!そこで思いました: そんなことはありえない。新築牛舎は止めよう、咳する子牛が増えるばかりだ。さらに探し回りました」とフランクさん。

農場経営者フランクさんは屋外での子牛飼育システムを見つけました:「知人の一人がHolm & Laueの子牛ガーデンを使用していて、見学しました。どの子牛も咳をせず、あるいは衰弱したようにも見えませんでした!- 感心しました。子牛が通年365日育ち続けることも話してくれました。この発言は自分の子牛について新しい牛舎で我が目で確認し、新たな子牛飼育の過程で気が付くまでは信じられませんでした – このことは毎日を楽しくさせてくれます。子牛はとても元気で、家畜と統計に表れています。新牛舎で子牛は一定の日量増分1000 g以上を達成しています!旧牛舎では1000 gなどとてもありえませんでした。」

ミルクタクシーと搾乳ロボットによる全乳哺乳

2018年に新型維持システムがパール農場に設置されました。シングルヒュッテ、2つのMultiMaxヒュッテ、1つのイグルがコンクリートフロアの上で片流れ屋根の下に据え付けられました。生後間もなく数週間はフランクさんの子牛はシングルヒュッテで過ごし、自由に全乳を飲みます。後に自由給餌を止め、子牛は常時MultiMaxヒュッテにいて哺乳を受けます。「これがとてもよくうまく行っています。新しい子牛舎にさらにHolm & Laue ミルクタクシーが加わりました。タクシーの機能のおかげで哺乳を適合させるのがいとも簡単にできます」とフランクさん。

- 子牛の全乳給餌についてくわしくお知りになりたいですか?ブログでこのテーマについてさらに多くの記事をお読みいただけます。こちらではメツガー・ペテルセン有機農場についてお読みください。-

全乳は子牛に直接2台の新牛舎建設後間もなく導入されたFullwood搾乳ロボットから与えられます。必要なときに別個のラインでミルクタクシーから直接ポンプで哺乳することができます。

フランク・パールさんはこの農場の3代目経営者です。およそ乳牛100頭と1000頭収納可能な豚舎、経営面積200ヘクタールと、ここではたくさん作業があります。弊社のシステムで子牛飼育をサポートできて嬉しく思っています。ご本人もとても満足していただき、感じの良いお話をいただきお礼申し上げます!

パール農場についてその他のことはInstagramでもご覧になれます。プロファイルはこちらです: https://www.instagram.com/hof_borsteler_baum/