IgluVeranda

移動型屋外天候の維持によりイグルとよく考え抜かれた屋外部分によって牛は新鮮な空気を最大限吸い込めます。鉄鋼構造に代わる柔軟なシステム

二面原理: 子牛はイグルの中で保護されていられるか屋外で動き回れます。

柔軟な子牛飼育: 御社とともに段階的に成長し、建設費を低く維持できます。

子牛を飼育したい場所はどこであっても、ベランダが移動型でいつでも簡単に移せます。

H&L イグル用移動型ルーフィング

屋外天候の維持は子牛のために理想的で、Holm & Laue 子牛イグルが最適に保護します。よく考え抜かれた屋外部分イグルベランダによって初めて完璧な子牛舎ができす。折りたたみ式哺乳バケツホルダーや十分なスペースと豊富なオプション例えば返せる哺乳バケツホルダー、栄養強化剤ディスペンサーあるいはヘイラックでイグルベランダが最大限に牛の快適な生活を提供します。また、とても便利なモバイルストールはずらすだけで汚物を排出できます。実は子牛だけではなく御社の皆様も保護された作業領域の価値を実感いていただけます。さらに給餌ストックと牛床が乾燥状態を保ちます。
モビリティーとは、子牛舎の立地を簡単に移せる場合、企業の発展のためにも注目すべき柔軟性を意味します。しかもその副次的効果として大半が認可不要の牛舎構築ソリューションであるため資金節約にもつながります。
イグルベランダと Holm & Laue 大部屋イグルで子牛は真の居心地の良いオアシスを得られます。

二面原理: 子牛が自分で決められる

実地の教訓で明らかなことは安息と活動、給餌エリアが別個に分かれて配置されていることが重要です。安静中の子牛は活発に飛び回る遊ぶ子牛に煩わされません。イグルベランダでは子牛がどこが最も心地よくいられるかを自ら決められます: 隙間風から保護されているイグルの中や屋外のルーフィング付き立ち歩きエリア、寝そべるエリア、採食エリアで。

余裕あるスペースと動き

H&L イグルベランダは 5 x 5 m サイズの寝そべるエリア、いわゆる基本フレームから構成されます。イグル内の面積と合わせ子牛は 2.8 m² の寝そべるエリアや採食、はしゃぎ回るエリアを提供されます。これは EU の法定面積よりほぼ二倍広いです。寸法 7 x 7.5 m あるオプションの最適なルーフは降雨降雪や強い日射からじゅうぶんに保護します。ご希望があれば幅を 8 m に拡張することもできます。

除糞作業が簡単になる

イグルとベランダはフロントローダーで問題なく輸送でき、子牛はベランダに入ったままで、新「居住地」へイグルとベランダごと移動できます。夏にはサイロプレートの上でまたは冬には機械室の手前でかを問わず: H&L イグルベランダ用のスペースは必ず見つかります。毎回汚物排出時に立場が切り替わると、微生物の負荷を受けていない清潔な地面で子牛が成長できます。紫外線、外気、雨が消毒の役割を果たします。

人員も牛も天気から保護されます

子牛の自由に動き回れるエリアはじゅうぶんに広いルーフィングで覆われ、H&L 大部屋イグルでは最大 15 頭の子牛が満足して、さらに通気のよい寝そべるエリアにいられます。さらに作業襟は当然降雨降雪から保護されています。

低い投資費用

従来型の子牛舎は高費用の牛舎建設と換気システムが必要でした。それはもう止めて、屋外に歩み出るスペースと保護された微気候エリアがあるイグルベランダをお勧めします。このソリューションでは従来型の子牛舎より最大 70 % 投資費用を節約できます!

給餌場の可変構成

14 頭分の給餌場は特殊セーフティーキャッチグリルを装備しています。子牛が不慮に挟まることはありません。側面部材と給餌グリルは柔軟に入れ替え可能です!標準仕様で給餌区画にステンレス製の傾斜型トレイを装備しています。オプションとして、乳頭付き哺乳バケツまたは普通の哺乳バケツを使用できます。これでイグルベランダはミルクタクシーでの給餌に最適です。

この写真に写っているのは合計 4 つの大部屋イグルと対応するルーフィングがあるイグルシステムです。

イグルシステム

イグルシステムはシングルモジュール型屋外気候牛舎コンセプトであり、企業の規模に合わせて設計、拡張可能です。給餌はミルクタクシーまたは自動哺乳機によってでき、除糞は柔軟に側面からまたは後ろから行うことができます。簡素で費用効果が高いルーフィングが子牛用屋外エリアと給与テーブルを降雨降雪から保護します。御社専用のプランニングをご希望ですか?是非弊社の者にご相談ください。

テクニカルデータ

推奨子牛数14年
基本フレームの寸法500 x 500 cm、最大高さ 250 cm
ヤネメン700 x 750 cm / 800 x 750 cm
横たわるためのフロアエリアルーフ下 25 平米 / イグル内 14 平米 (子牛 1 頭につき 2.78 平米)

基本装備

  • 一つ当たり 7 頭分の区画がある 2 つの Holm & Laue セーフティーフィードキャッチグリル
  • ステンレス製傾斜方式トラフ 2 台
  • フロントローダー用輸送用フック 1 個
  • H&L 哺乳ステーションの取り付け方法オプション

追加装備

  • 寸法 700 x 750 cm またはオプションで 800 x 750 cm の雨水ホースを設置したルーフィング
  • 乳頭付き哺乳バケツホルダー
  • バケツホルダー(リング)
  • マグサダイ
  • 栄養強化剤ディスペンサー
  • 大型牛床投入扉(渡り 244 cm)