Calf-Tel と FlexyFence

Calf-Tel イグルと Holm & Laue FlexyFence 屋外部分に 2 輪での楽な牛房移動が可能で柔軟で清潔な個体別の飼育ができます。

よく考え抜かれた個別飼育: とてもよく考案された換気システムで健康な子牛。

実績ある Calf-Tel の牛房に画期的な Holm & Laue FlexyFence を組み合わせます。

子牛が哺乳中でもボックスに立ち入ることができます。移動や洗浄のために折りたたむことができます。

Calf-Tel 牛房と FlexyFence - 個別牛房で健康的な成長

個体別イグルでの子牛飼育は長く伝統的に行われてきました。個別ボックスに子牛を分けて入れるため、病原体の伝染率が減ります。Calf-Tel 牛房は 40 年以来世界中で子牛を悪天候から保護しています。 Holm & Laue FlexyFence 柵なら様々な可能性があり、Calf-Tel イグルの卓越した特性を補完します。
様々なモデルとオプション装備のメリットがあるため Calf-Tel 牛房なら子牛が御社に最適な設備をご提供できます。どの酪農場も異なり、御社も例外ではありません!画期的な FlexyFence フェンスなら子牛のための日常作業が楽になります。子牛にすぐアクセスでき、牛房を檻ごと 2 つのホイールで移動できます。
10 年保証付き Calf-Tel 牛房なら弊社にしかない品質をお約束できるうえ、子牛ボックスを長年ご満足していただける確実性をご提供します。
最大限の柔軟性、最適な衛生、能率作業で御社の子牛飼育がさらに経済的にな利益を生み、成功しやすくなります。

賢い FlexyFence

弊社が作る屋外部分は子牛のための日常作業が楽になるいくつもの微々たる違いがあって納得ゆきます。サイドに配置した車輪はヘイの敷料の横を回るため、牛房から洗浄場所まで移動が楽になります。側面の鋼板が子牛をすき間風から保護し、牛床が巻きあがることはありません。牛房をグリルの中に折りたたんだり、逆にグリルを牛房の上に返してたたむこともできます。

壊れません

Calf-Tel 牛房には独自の特徴が備わっている点で差別化されています: 壊そうとしても壊せません!特殊加熱成形製造工程のため高品質ポリエチレンとの組み合わせによってこれに勝る物は他にない安定性、耐久性、耐用年数があります。素材は 100 % UV不透過性です。プラスチック部材は弊社が 10 年保証します!

頑丈なシングルボックス:そして長持ちします

洗浄も移動も楽

大型も含む全ての子牛ボックスは背面のハンドルで楽に FlexyFence に返して開けられ、問題なく洗い場へ転がしていけます。これなら床から迅速かつ容易にローダーで除糞し、Iglu の表面が平らなため牛房の洗浄も楽しくなります。

乾燥した場所と最適な換気

ヘイ投入口フラップの開口が大きいため、子牛が最もよく寝そべる房の場所に正確に牛床ヘイを敷いてやれます。その他にもフラップはよく考え抜かれた換気システムの構成要素です。イグルの開口サイズに合わせたルーフ開口のほか、牛床材料の投入口は夏には追加の換気口として有用です。このフラップがボックス内の新鮮な空気と最適な温度を維持します。牛房内は常に乾いているため、ここではヘイをヘイラックに載せて最適に給餌できます。ヘイラックを牛床材料の投入口に取り付けるだけで、後ろから楽に速く充填することができます。

最適な哺乳場所

哺乳バケツは入口扉の脇に取り付けられています。子牛が学習してから、屋外部分から扉を通って離れても構いません。哺乳バケツの中に残らないように少し傾けて掛けます。

清水と栄養強化剤

子牛に清水と栄養強化剤を常に与えられるように FlexyFence は 2 つのバケツリングが付いています。栄養強化剤は平らなトレイでやることをお勧めします。

コウシガーデンにあるようなルーフで天候から保護されていない場合でも、Holm & Laue フィードボックスを柵に掛けることができます。ここで栄養強化剤とヘイは雨から保護されます。

Calf-Tel

Calf-Tel の製品について詳しいことはこちらをご参照ください。

輸送補助器具

輸送補助器具のこて原理により TwinHutch を洗浄や別の新規取付場所へ楽に輸送できます。

機種と寸法

Calf-Tel ECOPro II より扱いが楽で短くできている機種です。このため ECO はとても楽に洗えて、保管や持ち運びもしやすいです。入口扉が大きいため楽に房に入れ、ボックスの中がよく見えます。Pro II 機種は子牛をとてもよく保護します:牛房が奥深いため特に冬や雨天や雪の日に奥の方が保護されるため好み、入口扉の位置をずらしてあるため風も通りません。さらにこの機種の場合多機能フラップが利点で、ここから奥深いボックスの中が見易いため牛を楽に管理できます。Pro II オープンフロント は前面が完全に開放されているため子牛に簡単にアクセスでき、前を通りながらでもすぐ子牛を確認できます。

FlexyFence 装備 Calf-Tel モデル Eco

Modell Eco*

  • 牛房外寸(長さ x 幅 x 高さ): 187 cm x 118 cm x 137 cm
  • 牛房内寸(長さ x 幅 x 高さ): 179 cm x 110 cm x 122 cm
  • FlexyFence とバケツ込みの寸法(長さ x 幅 x 高さ): 353 cm x 126 cm x 98 cm (FlexyFence の高さ)
  • フロアエリア: 約 3.6 m²
  • 重量: 約 21 kg
* 技術的変更は予告なしに行われます!
FlexyFence を含む Calf-Tel Pro 2

Modell Pro II*

  • 牛房外寸: 220 cm x 122 cm x 140 cm
  • 牛房内寸: 212 cm x 114 cm x 122 cm
  • FlexyFenceとバケツ込みの寸法: 380 cm x 126 cm x 98 cm (FlexyFence の高さ)
  • フロアエリア: 4 m²
  • 重量: 33 kg
* 技術的変更は予告なしに行われます!

Modell Pro II オープンフロント*

  • 牛房外寸: 220 cm x 122 cm x 140 cm
  • 牛房内寸: 212 cm x 114 cm x 122 cm
  • FlexyFenceとバケツ込みの寸法: 380 cm x 126 cm x 98 cm (FlexyFence の高さ)
* 技術的変更は予告なしに行われます!