MultiMaxVeranda

子牛の小グループ飼育: MultiMax 牛房は子牛 5 頭から 7 頭を収納できます - この場合ベランダが天候からの最適な保護を提供します。

別個のグループでの年齢差が僅かなため病気が伝染しにくいです。

Uno から Duo への柔軟な拡張が可能なほか、または個別牛房と組み合わせも可能です。

作業場の保護と移動式除糞。

MultiMax で効果的な小グループ飼育が可能です

MultiMaxVeranda は子牛グループを健康な屋外天候飼育に切り替える際の最適な導入機種です。Calf-Tel の MultiMax 牛房を 2 つまで使って 1 つの移動型子牛舎を成します。除糞の際は子牛ボックスを上げてどけておけます。これはちょうどルーフィング付き移動型ベランダ屋外部分と同じです。返せる哺乳バケツホルダー、栄養強化剤ディスペンサーまたはヘイラック等豊富な装備オプションをご利用になればこのプログラムを完備できます。
子牛 5 頭から 7 頭のグループで子牛を年齢別の班にはっきりと分けて、齢に合うようにニーズに応えることができます。
構造がコンパクトなのでどんな規模の企業にも合い、小チームで数時間のうちにご自分で設営できます。
このため MultiMaxVeranda でも Holm & Laue のお得な子牛舎ソリューションによる効果を得られます。

分離された中型の大きい方に属する年齢層

子牛グループ内の年齢差が小さいほど、成育は一様に進みます。一つのグループがより頭数の少ない子牛で構成してあると全体の群れで病気が伝染するリスクも減ります。MultiMaxVerandaは5頭から7頭の子牛で成すグループを所有する多くの中規模でも大きい方の企業のために最適なソリューションとなります。

給餌場の可変構成

グループ当たり7頭分の給餌場は特殊セーフティーキャッチグリルを装備しています。子牛が不慮に挟まることはありません。側面部材と給餌グリルは柔軟に入れ替え可能です!標準仕様で給餌区画にステンレス製の傾斜型トレイを装備しています。オプションとして、乳頭付き哺乳バケツまたは普通の哺乳バケツを使用できます。これで MultiMaxVeranda はミルクタクシーでの給餌に最適です。

除糞作業が簡単になる

MultiMax 牛房とベランダはフロントローダーで問題無く移動できます。この際子牛はベランダに留まり、新しい「住処」へ移れます。MultiMax の表面は平坦なのでウォータージェット洗浄やその後の消毒がとても楽になります。

最大限の最適な飼育が可能

MultiMaxVeranda の主な利点は Calf-Tel 社のMultiMax です。この製品は独自の特長があります:壊れません!特殊加熱成形製造工程のため高品質ポリエチレンとの組み合わせによってこれに勝る物が他にない安定性、耐久性、耐用年数があります。素材は 100 % UV不透過性です。MultiMax のプラスチック部分は弊社の 10 年保証付きです!

テクニカルデータ

MultiMax Duo

基本仕様

  • H&L セーフティーフィードキャッチグリル 1 基または 2 基、一つ当たり 7 頭分の区画
  • 傾けられるステンレス製のトラフ 1 台または 2 台
  • 閉じた中間グリル
  • フロントローダー用輸送用フック 1 個
MultiMax Uno

ソノタノオプション

  • ルーフ 6 x 8 m
  • 乳頭付き哺乳バケツホルダーまたはバケツリングホルダー
  • ヘイラック、栄養強化剤ディスペンサー
  • 雨水チューブ

MultiMaxVeranda の寸法

MultiMax 牛房の外寸2.20 x 2.73 x 1.83 m*
MultiMax 牛房の重量107 kg
MultiMax 牛房のフロア面積5.3 m²
MultiMax 1 つ当たり屋外部分約 7 m²
子牛当たりの総面積1 グループに子牛が 5 頭で 2.5 m²
Veranda 基礎フレーム2.5 x 5 x 2.5 m
ヤネメン6 x 8 m
* 長さ x 幅 x 高さ