自動哺乳機CalfExpertがウクライナのある乳牛農場に革命を起こしました。

「以前CalfExpert無しでどうやって仕事ができていたのか想像がつきません。」

ウクライナのある農場経営者は子牛と従業員のためによりよい解決策を求めていました。現在この方は先端子牛飼育の可能性に深く納得しており、特に、求めていたCalfExpertが最適なソリューションとなっています。

この記事では以下を取り上げます

  • 子牛自動哺乳機CalfExpertの利点
  • ウクライナの農場経営者が子牛飼育方法にこの製品をいかに統合しているか

当然、Holm & Laueはドイツでのみ営業しているわけではありません。弊社は全世界で営業しています。今回はウクライナへご案内し、「ヴィルシャンカ」STOV農業有限会社の農場管理者アンドリイ・ヴォロシンさんにHolm & Laue CalfExpertでの経験についてお話いただきます。この農場では760頭のモンベリアルデとウクライナの赤系およびホルスタイン乳牛から搾乳しています。

この農場では子牛の飼育にいくつかの問題点がありました: 「以前ここではデータがないため子牛給餌を管理できませんでした。子牛は下痢や体重増加の不足といった問題がありました。ある時、死亡率が再度増加し、何かしなければならないことがわかっていた時点に達していました。」

アンドリイ・ヴォロシンさんは新しい子牛舎には必要だったCalfExpertソリューションを装備することに決めました。こう言っています: 「自動哺乳機の選定時に各子牛の給餌プロセスを管理することが重要でした。CalfExpertなら新鮮なミルクを個体別に調製できることが気に入りました。このほかにも付属の体重計が子牛の体重を自動的に測定します。Holm & Laueは他の農場で稼働している装備を実演してくれ、皆納得しました。ソフトウエアがとてもわかりやすいので気に入りました。いくつもの機能があり、まさにこの機械がこの農場のために適する製品であると確信しました。今は一頭ごとに全て管理できます。子牛は以前より静かになり、喜んでおり、死亡率は急激に減少しました。」

このため新たな子牛飼育と維持の方法に農場経営者はとても満足しています。今後農場の容量を拡張し、周辺の他の農場の子牛も飼育したいと考えています。「このプロジェクトのためにCalfExpert-Feederをさらに3台追加する予定で、Holm & Laueと現地で年中無休サービスを提供している代理店Bizartとも今後も協力できることを嬉しく思っています!」

アンドリイさんに最後の声明を話していただきました: 「産出高を伸ばし、利潤を改善したいどの農場経営者でもCalfExpertなら利益を得られると思います。これは手元の子牛を個体別に世話できる革新的ソリューションです。」

その話を聞いてとても嬉しく思っており、今後アンドリイさんのパートナーになれることを幸いに思っています。

次の場合どうですか: CalfExpertが御社にとてもよいソリューションになりうるでしょうか? または子牛舎を建てることを検討中で、子牛に最適なソリューションがどれかを本当には把握できていませんか? 弊社にご相談くだされば、いくつかの選択肢をご提案させていただきます!

CalfExpertについてさらに詳しくお知りになりたい場合は、こちらをクリックしてください。